青春21文字のメッセージ

これまでの優秀作品

第13回青春21文字のメッセージ ~制服・待ち合わせ・時代~

《滋賀県知事賞》

同じ改札制服の時は川上る鮭 私服の時は熱帯魚た

清水 真志歩(13歳 滋賀県)

通学の時は、みんなと同じ制服を着て時間ギリギリいっせいに同じ方向に向かう。そんな自分は、まるで産卵に戻る鮭。友だちやボーイフレンドと待ち合わせる私服の時は、色鮮やかな熱帯魚。 同じ改札なのに、シチュエーションによって、自分がまったく別に思えるという感覚が、みごとな比喩で表現されています。

《大津市長賞》

なじみのあるこの駅に、来年制服で行くからね

大熊 ことね(12歳 埼玉県)

《青春賞》

僕の手が吊り革ならば、君と手をつなげるのに。

岡本 紗穂(15歳 滋賀県)

《さわやか賞》

約束の二時間前の改札に君も来ていた初デート

中川 潔(55歳 福井県)

《ユーモア賞》

170円で買った、20分限定の帰路デート。

宇都 翔太(16歳 滋賀県

《近江勧学館賞》

いつも待たされた僕の影まるで日時計のよう

九十九仁(54歳 滋賀県)

《京阪電鉄賞》

門限の電車に急ぐ二人乗り 背中で見えた大花火

アキ(51歳 滋賀県)

《近江鉄道賞》

路線図と睨めっこ 次の次の次の次で君に会える

成江 明(27歳 茨城県)

《信楽高原鐡道賞》

皆がスマホを触る中、本に夢中な君に恋をしていた

松島 直樹(17歳 兵庫県)

《団体賞》

大津市立日吉中学校 (滋賀県)

第一学院高等学校 中目黒キャンパス(東京都)

 年々、若い人の活躍が目立ってきましたが、今年はついに知事賞と市長賞が十代のお二人となりました。頼もしいことです。もちろん、中高年の甘酸っぱさも健在。作品を読んでいると、まさに今も、多くのドラマが電車や駅で生まれているのだろうなあと実感されます。

第12回青春21文字のメッセージ ~車窓・部活・記念日~

《滋賀県知事賞》

黒い窓ガラスに写る君は街灯の真珠をつけていた

堤 夏海(17歳 滋賀県)

映像が、くっきり浮かぶところが魅力です。「街灯の真珠」という表現が素晴らしいですね。過去形が、思い出の写真のような切なさを出して効果的です。

《大津市長賞》

この恋が電車なら行き先もわかるのに

アダニヤ(25歳 宮城県)=ペンネーム

《青春賞》

とまるすすむのくり返し恋も電車もくりかえし

三石 梨花(18歳 東京都)

《さわやか賞》

いつも同じ席に座る理由が私と一緒ならいいな

藤本 奏子(26歳 神奈川県)

《ユーモア賞》

眠る君に抱き締められた、野球カバンが羨ましい。

大葉 寛子(32歳 愛知県)=ペンネーム

《近江勧学館賞》

受験の日、慣れない電車に夢と一緒に乗る

近藤 己順(35歳 大阪府)

《京阪電鉄賞》

去年は泣いたこの駅も、今年は笑った最高の駅

川島 大岳(14歳 滋賀県)

《近江鉄道賞》

スマホを忘れた日、車窓の外を初めて見た日

古泉 晴香(19歳 滋賀県)

《団体賞》

大津市立日吉中学校 (滋賀県)

早稲田大学系属 早稲田佐賀高等学校 (佐賀県)

 今年は、特に若い人の健闘が目立ったように感じます。SNSなどで、短い言葉で表現することが多くなり、それがよいトレーニングになっているからかもしれません。電車という限られた舞台なので、似たような素材のものが多くなりがちですが、入選作は、そこから先、一歩踏み込んだ工夫が光りました。

第11回青春21文字のメッセージ ~「駅」「ことば」「忘れ物」~

《優秀賞…大津市長賞》

君への気持ちは、 黄色い線まで下がれない。

鎌田 南帆(13歳 滋賀県)

「危険ですから、黄色い線の内側までお下がりください」という定番の構内アナウンスが、うまく使われています。たとえ危険な目に合っても、君への思いは止められないという強い気持ちが、ユニークな方法で表現されました。

《優秀作品…近江勧学館賞》

あなたの駅で降りてみた 同じ景色を見たかった

長谷川 彩香(20歳 東京都)

《優秀作品…大津商工会議所賞》

駅名を見ただけで、君との時代に戻る俺

谷本 良裕(61歳 徳島県)

《優秀作品…京阪電鉄賞》

また会えた 約束なしで会える場所

hagumi(44歳 滋賀県)

 全国から、老若男女のたくさんのご応募、ありがとうございました。そんななか、今 年は地元滋賀県の中高生のがんばりが、特に素晴らしかったように思います。テーマが 広がったぶん、内容もバラエティに富んでいました。そして、やっぱり駅は恋の舞台と いう役割が……これはもう永遠ですね。

電車と青春21文字のメッセージ2016 ~初恋・これから~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

電車って、恋が芽生える温室かもね。

志村 紀昭(51歳 愛知県)

恋の種が落ちても、環境が整わなければ、芽生えることなく枯れてしまうでしょう。電車は、恋が芽生え、よく育つ温室だという比喩に、とても説得力があります。今回の入選作の数々を見ても、それは明らか。多くの人の心にあるものを言葉にすることに成功した作品です。

《優秀作品…初恋賞》

もう少し話していたいけど制限時間はあと二駅

井田 菜摘(15歳 滋賀県)

《優秀作品…MAKE YOUR SMILE!賞》

車窓に映るあなたと私、内緒の写真たて

北園 淳子(42歳 大阪府)

《優秀作品…大津市長賞》

出発と共に心が動き、停車と共に覚悟を決める

野澤 佳奈(17歳 東京都)

電車を舞台にした素敵なストーリーが、今年もたくさん寄せられました。応募される人の地域が広がったためか、ICOCAが登場したり、ビール電車や無人駅が出てきたり、幅の広がりを感じました。

一方で、出会いや別れの場であることの普遍性も、しっかり伝わってきました。石坂洋次郎賞受賞作は、長年この賞の選考をしてきて実感したことを、言い当てられたように思いました。

電車と青春21文字のメッセージ2015 ~涙・初恋~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

電車が少し揺れる 二人の鞄がそっとキスをする

竹内 喜一(37歳 大阪府)

電車の揺れによるハプニングのなかでも、際だっていた作品です。鞄が触れあうことを「キス」ととらえた瞬間に、どきどきしてしまいますね。作者のどきどきを共感できるところが、大きな魅力です。

《優秀作品…初恋賞》

最後の定期 君と会える有効期限

ゆうこ(61歳 滋賀県)

《優秀作品…さわやか賞》

貴女が下車する一分前 喉元に好きが込み上げる

茂木 意(17歳 山形県)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

話したい 君の友達降りてくれ

中村 泰基(21歳 千葉県)

人の数だけ、そして電車の数だけ恋がある…

そんな印象を受けるほど、さまざまな恋愛模様が、今年も届けられました。昨年につづき、若い人の健闘が目立ちましたが、年配のかたの言葉の工夫にも注目させられました。

電車と青春21文字のメッセージ2014 ~友だち・初恋~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

満員電車も君とだったらアトラクション

佐藤 友紀(21歳 兵庫県)

アトラクションの一言で、電車が遊園地に早変わり。揺れようが、押されようが、心は楽しいのです。マイナスをプラスに変える恋の力が、電車を舞台にみごとに表現されています。

《優秀作品…初恋賞》

友達発、恋人行。初恋列車。只今、途中下車中

埜辺 綾香(16歳 大阪府)

《優秀作品…さわやか賞》

彼女は改札機。僕の心の切符を吸い込んだ。

河田 周平(27歳 富山県)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

喧嘩してもどうせ会う。あの電車は仲直りの場

細川 美羽(12歳 滋賀県)

電車は青春の舞台。そして恋の舞台。特別な旅行のために乗るのではなく、日常のものとしてある電車だからこその作品が、多く寄せられました。

今年は特に10代のがんばりが印象に残りました。

電車と青春21文字のメッセージ2013 ~家族・初恋~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

止まる進むまた止まる 恋も電車もそんな調子

濱田 佳花(14歳 滋賀県)

止まる進むまた止まる 恋も電車もそんな調子、そして人生も…と共感しました。電車と恋の重ね合わせが、リズミカルな表現で、とてもうまくいっています。

《優秀作品…初恋賞》

声をかけようと席を立ち できずに降りた途中駅

河井 明彦(45歳 埼玉県)

《優秀作品…さわやか賞》

告白の勇気をくれた発車ベル

小林 功(53歳 千葉県)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

自動改札って不便だね 手をつないで通れない

川上 智史(26歳 大阪府)

電車や駅を舞台にした、さまざまな青春のドラマを、楽しく味わいながら選考しました。

人が動き、空間が動き、風景が動く…そういう場所だから、いつも以上に心も動くのではないか…寄せられた作品を読みながら、そんなふうに感じました。

電車と青春21文字のメッセージ2012 ~ふるさと・初恋~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

久しぶりと声がする。車掌さんは初恋の人。

中川 栄美(41歳 愛知県)

車掌さんと乗客。長い時の流れのなかで、変わるものと変わらないものとか表現されていて、とても印象深い作品でした。覚えていてくれたということは、車掌さんにとっても、作者は記憶に残る人だったのでしょう。

《優秀作品…初恋賞》

降りる駅ひとつ伸ばし、初めて見る恋の景色

川島 裕子(23歳 徳島県)

《優秀作品…さわやか賞》

一両目から「おはよう」のメール来る

岡田 弘子(53歳 神奈川県)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

会えば♯会えなきゃ♭ 胸の音符は揺れ続け

海野 兼夫(61歳 埼玉県)

駅や電車というのは、古今東西の映画や小説でも、重要な舞台となっています。人と人とが出会い、別れ、また出発し、帰ってくるところ。特にふるさとの駅は、時間の流れをこえて、人々の心のよりどころとなっているのだなあと、みなさんの作品を読みながら感じました。せつない恋や、なつかしい思い出を乗せて、今日も電車は走っていることでしょう。

電車と青春21文字のメッセージ2011 ~初恋・ありがとう~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

約束の駅 電車が停まり 僕の心が走り出す

松山 宏己(50歳 滋賀県)

約束の駅についた時の高揚感が伝わってきます。停まると走り出すの対比が、とてもうまくいっていると思いました。「よし!」という心の声が聞こえてきそうです。

《優秀作品…初恋賞》

電車に乗り あなたを探す毎日が 恋の1時間目

岡本 真美(16歳 滋賀県)

《優秀作品…さわやか賞》

君が席を譲ったのは 私のおばあちゃんでした

星野 まい(30歳 神奈川県)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

たった二駅、長男がお腹の弟の座席を探す

村田 武一郎(34歳 滋賀県)

今年も、電車を舞台にした、さまざまなドラマが寄せられました。電車や駅というのは、人と人との大きな出会いの場なのだということを、あらためて感じました。そしてそのことは、時間の制限があったり、譲り合いがあったり、運命のいたずらがあったりします。人々のそれぞれの思いや思い出をのせて、今日も電車は走り続けています。

電車と青春21文字のメッセージ2010 ~初恋・親子・ひとりたび~

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

11枚綴りの回数券 あなたに会える予約券

望月 雄太(25歳 東京都)

なんでもない回数券が、恋をしている人にとっては、特別な意味を持つものになります。「予約券」という表現がとても素敵でした。回数券は、たしか10枚の値段で11枚分ですよね。その嬉しい感じも、うまく恋の気分とリンクしています。

《優秀作品…初恋賞》

初恋はいつ?そう書かれた広告の下に君がいる

末永 岳(26歳 宮城県)

《優秀作品…さわやか賞》

いつもの駅でいつもの会話、「当り前」が宝物

鳴瀧 恵梨子(16歳 兵庫県)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

あと2分 走って乗った十七 もう走れない五十三

伊藤 邦代(53歳 滋賀県)

電車という日常を舞台にした、さまざまなドラマを、今年も楽しませていただきました。課題のテーマが広がったぶん、例年以上にバラエティに富んだ作品が寄せられ、選考に悩みました。場面が具体的に思い浮かぶもの、表現に一歩踏み込んだ工夫のあるもの、などが最終的には残りました。若い人の作品に、例年以上に力のこもったものが多く、それも嬉しいことでした。時代は変わっても、電車文化は受け継がれているようです。

電車と青春+初恋21文字のメッセージ2009

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

隣に座った君を見ず 窓に映った君を見る

重本 健吾(21歳 大阪府)

大好きな人の存在を隣に感じながら、直接は顔を見ることのできない初々しい恋心。電車ならではの状況を生かした「窓に映った君を見る」が効いています。対になった言葉が、心地よいリズムを生みだしているところも、いいですね。

《優秀作品…初恋賞》

行かないで、ドアが閉まれば言えるのに

橋本 美幸(20歳 宮城県)

《優秀作品…さわやか賞》

二駅を遠距離と泣いた眩しき日

橘 真子(20歳 京都府)

《優秀作品 MAKE YOUR SMILE!賞》

電車って助手席よりもくっつける

太田 久美子(23歳 新潟県)

電車や駅は、青春の舞台であることを、今回もたっぷり味わいながらの選考となりました。出会い、別れ、初恋、思い出……。今日も、さまざまなドラマを乗せて、電車は走っていることでしょう。今年は特に、若い人の健闘が目立ちました。もしかしたら携帯メールの効用でしょうか。短い言葉で表現することに、とても慣れていて、積極的だなあと感じました。

電車と青春+初恋21文字のメッセージ2008

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

あなたと乗った三年間 各駅だけど特急だった

奥川 晃好(38歳 和歌山県)

好きな人といると、時間はあっという間。各駅と特急という言葉の使い方が心憎いですね。三年という時間も、特急で過ぎたのでしょう。

《優秀作品…初恋賞》

毎朝、一駅だけのデートをあなたは知らない。

押田 明子(38歳 埼玉県)

《優秀作品…さわやか賞》

毎日乗るこの緑の電車が、もう一つの学校

西山 春花(16歳 滋賀県)

《優秀作品 はつらつ賞》

この揺れが心をあの日へ連れてゆく

吉田 洋和(47歳 神奈川県)

のんびり走っているように見える電車のなかで、実にさまざまなドラマが展開していることを、今回も実感しました。青春の舞台としての電車は、今日もあまずっぱい思いを乗せて走っていることでしょう。全国から寄せられた「思い出のひとこま」は、年齢層も多岐にわたっていて、それぞれが魅力的なものばかりでした。読む楽しみが大きかったぶん、選ぶ苦労のほうも大きくなりました。

電車と青春+初恋21文字のメッセージ2007

《最優秀作品…石坂洋次郎青春賞》

好きもさよならも 同じ駅。

山下 祐輝(24歳 東京都)

簡潔な言葉の中に、無限のドラマを感じさせる作品です。読む人一人ひとりの胸の中に、それぞれの「好き」と「さよなら」の場面が広がることでしょう。

《優秀作品…初恋賞》

二千回も乗ったのに、一回も話ができなかった

後藤 順(53歳 岐阜県)

《優秀作品…さわやか賞》

うろこ雲 電車の窓にレース編む

本田 しおん(15歳 東京都)

《優秀作品 はつらつ賞》

電車間もなく 発車します 告白の方 お急ぎ下さい

平松 泰輔(32歳 北海道)

圧倒的に、恋にまつわる作品が多く、電車というものが、いかにさまざまな恋の舞台になっているかということを、あらためて感じさせられました。実った恋、片思いのまま終わった恋、失われた恋……。それがどんなものであれ、舞台となったホームや車内の風景は、思い出をいろどるものとして、永遠の人の心にあるのだなあと感じます。私自身も高校の三年間、電車通学をしていたので、そのころを懐かしく思い出しました。